ファンシー絵みやげを保護する山下メロとは?年齢や経歴は? 【アウト×デラックス】

1月9日放送のアウト×デラックスで山下メロが出演しました。

ファンシー絵みやげを収集しているかたなのですが、どういった方なのでしょうか?

今回は、ファンシー絵みやげを保護する山下メロとは?年齢や職歴は?についてまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ファンシー絵みやげを保護する山下メロとは? 【アウト×デラックス】

平成の文化を研究している方です。

80年代~バブル~90年代の庶民風俗を主に研究しています。

特に日本全国の観光地の土産店や売店で売られた子ども向け雑貨みやげを「ファンシー絵みやげ」と名付け収集・研究し、各種メディアで保護を訴えている。

訪問した土産店は4000店を超え、保護したファンシー絵みやげは16000種を超える。

自身の本もだしており『ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ』(イースト・プレス刊)があります。

 

山下メロの年齢や経歴は? 【アウト×デラックス】

山下メロは38~9歳なのだそうです。(2020年1月現在)

出身地は広島県。

2014年6月 書籍「ファンシーメイト」 ファンシーおみやげの特集ページを担当。

2014年7月 文化放送「おもしろ人間国宝」出演。

2014年8月 東京新聞「TOKYO発」取材記事が掲載

2014年8月 東京カルチャーカルチャーでイベント開催

2014年9月 J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」出演

2014年11月 ラジオ関西「谷五郎のこころにきくラジオ」出演

2015年4月 Webカガジン「雛形」にて掲載開始

2015年1月 ビジネス誌「リベラルタイム」2月号取材記事が掲載。

 

みんなの反応

 

ファンシー絵みやげを保護する山下メロとは?年齢や経歴は? まとめ 【アウト×デラックス】

山下メロは平成文化研究家で、ファンシー絵みやげを保護する活動をしている。

テレビやラジオに出演したり、本も出版している。

スポンサーリンク