SAO3期 キリトの植物状態の原因は? いつ復活する?

2020年5月12日

SAO3期の後編になるWar of Underworldが放送スタートされました。

その開幕直後、驚くことがありました。

それは、なんとキリトが植物状態になっていたのです。

いきなり主人公が何もできない状態ってビックリですよね( ゚Д゚)

そんな主人公キリトは物語のどのあたりで復活してくれるのかが気になります。

今回は、SAO3期 キリトの植物状態の原因は?

いつ復活する?についてまとめていきたいと思います。

※この記事はネタバレを含みます。

 

スポンサーリンク

SAO3期 キリトの植物状態の原因は?

SAO3期アリシゼーションWoUの第2話「襲撃」が先日放送されました。

ここで、菊岡のアシスタントをしている比嘉からキリトの状態の説明がありました。

現在のキリトの状態は「最悪の一歩手前」で踏みとどまっているとのこと。

現実世界でのデスガン襲撃によってニューラルネットワークに損傷を負ってしまったキリトを治療するために、記憶をブロックしてアンダーワールドにさせた。

しかし、なぜかブロックはされませんでした。

よって現実世界の桐ケ谷和人のままアンダーワールドに放り出されてしまったのです。

つまり、キリトは加速されたアンダーワールドで2年もの間、桐ケ谷和人として過ごしたことになります。

アンダーワールドの世界で人工フラクトライトと触れ合いました。

彼が現行シュミレーションの終了と共に消去される存在であると知りながらです。

公理協会との戦闘でユージオを失ったキリトは自分自身を責めました。

その時、現実世界でフラクトライト施設の襲撃によって電源ラインを切断されました。

ショートによって発生したサージ電流がSTLの出力を瞬間的に上昇させた。

その結果、キリトの自己破壊衝動は現実的なものになり、彼の自我を非活性化させてしまいました。

キリトの場合、フラクトライトの大部分は無傷でありますが、問題の回路が機能していません。

つまり、染みついた記憶による反射的なリアクションしかできない状態であるということになります。

よって、アンダーワールドの世界のキリトは何もできない植物状態に陥っているというわけです。

 

キリトはいつ復活する?

未だ回復の兆しがみえないキリトですが、とはいっても主人公なのでいずれは復活します(笑)

その復活の時期はいつなのか?

おそらくキリトが復活するのはWoUの後半あたりになると思われます。(4クール目の後半ですね)

ダークテリトリーとの戦闘中にキリトは目覚めるのでしょう。

 

第2話「襲撃」の感想

アリスがやっぱりかっこいいなと思った回でした。

村がゴブリンの襲撃にあいます。

村人を助けるために、避難を呼びかけます。

しかし、村の長はアリスが言うことに対して従おうとはしませんでした。

そこで、アリスは自分が整合騎士のアリス・シンセシス・サーティであることを名乗りました。

この時のアリスはめっちゃかっこよかった…

整合騎士と名乗った後、村長はアリスの言う事に乗じて村人を避難させます。

その後、アリスは1人でゴブリン達と敵対します。

エンハンス・アーマメント!!!!!

これで多くのゴブリンを一掃します。

村を救った後、セルカに別れを告げ、去りました。

いやぁもう少しアリスの戦闘を観たかったですね~。

それにしてもキリト、はやく「復活してよ」とも思いました(笑)

まだまだ先になるんでしょうけど。

 

まとめ

キリトが植物状態になっているのは、フラクトライト施設の襲撃で電源ラインが切断された時、ショートによって発生したサージ電流がSTLの出力を瞬間的に上昇し彼の自我が非活性化したことによるもの。

キリトが復活するのは、おそらく4クール目の後半になるだろうという予想。

 

アニメ「SAOアリシゼーションWoU」の高画質フル動画を無料で観る方法

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SAOアリシゼーションWoUを完全無料で観るならこのサイトが最強!アニチューブ、デイリーモーション、FC2とは比べものにならない!?

スポンサーリンク